1. HOME
  2. 投資法人情報
  3. CSR・環境活動への取組み

コーポレートガバナンス

環境に関する基本方針

本投資法人のスポンサーであり、本資産運用会社の親会社である積水ハウス株式会社は、住宅業界初の「エコ・ファースト企業」として環境大臣から認定を受けています。

本投資法人及び本資産運用会社は、その積水ハウス株式会社が掲げる「サステナブル・ビジョン 」に基づいた“サステナブル(持続可能な)社会の実現”の一端を担うべく、「環境(Environment)・社会(Social)・企業統治(Governance)」へ配慮した不動産投資運用を行い、本投資法人の基本理念の一つである“J-REITを通じた高品質な住まいの提供”の実現を目指します。

具体的には、本資産運用会社は企業の社会的責任を自覚し、以下のとおり、サステナブル・ポリシー及び目標を設定し、事業活動全般を通じてこれらを遵守・実行します。

また、サステナブル委員会を設置し、遵守状況及び実施した施策の効果測定を定期的に行います。

サステナブル・ポリシー及び目標

1.環境関連の法令・諸規則の遵守

環境関連の法令及び諸規則に関する知識向上を目的とした社内研修を行うとともに、環境関連の法令及び諸規則を遵守し、サステナブル社会の実現に向けた不動産投資運用を行います。

2.省エネルギー対策

本投資法人保有物件のエネルギー消費量の計測・管理を行い、省エネルギー対策へ向けた取組みを積極的に推進します。具体的には、保有物件における照明設備のLED化を段階的に進め、電気使用量及び温室効果ガスの低減を目指します。

3.資源の枯渇への対策

限られた資源の有効活用や省エネルギー対策を通じ、資源の枯渇への対策に積極的に努めます。具体的には、流量制御弁や節水シャワー等に代表される節水機器の設置を段階的に実施し、水道使用量の低減を目指します。

4.生物多様性への取組み

積水ハウス株式会社が推進する“5本の樹”計画 に基づき、生物多様性に配慮し、地域植生を踏まえた樹種を基本とした植栽等の維持・管理を推進します。

5.情報公開

環境活動への取組みを定期的にモニタリングするとともに、サステナブル・パフォーマンスをホームページ等を通じて公開します。また、DBJ Green Building認証*等の外部評価機関による評価を継続して取得します。

* DBJ Green Building認証等に関する詳細は、「外部評価機関による環境認証等の取得実例」をご参照下さい。

6.保有物件の存する地域への貢献

災害発生時においても、ご入居者様が安全・安心に暮らすことができる設備の設置を推進するとともに、災害発生時にその設備を近隣にお住まいの方々にも開放することにより、保有物件の存する地域への貢献に努めます。

CSR・環境活動の取組み実例

本資産運用会社は、環境に関する基本方針及びサステナブル・ポリシーに基づき、本投資法人の保有物件において、主に以下の取組みを実施しています。

【LED照明器具への交換】

共用部における電気使用量の低減による省エネルギー及び温室効果ガスの低減を企図し、共用部の照明器具をLED照明器具へ交換する工事を段階的に実施しています。

LED照明器具への交換
2014年9月より段階的に実施 矢印 累計 38 物件実施済み

(2017年9月末日時点)

  • 電気使用量 累計 年間 約 1,189,098 kwh低減見込み
  • 温室効果ガス(CO2)排出量 累計 年間 約 610 t-CO2低減見込み
* 交換工事実施業者提案資料を基に、本資産運用会社にて試算
【省エネルギーエアコンへの交換】

専有部における電気使用量の低減による省エネルギー及び温室効果ガスの低減を企図し、専有部のエアコンを経済産業省資源エネルギー庁が定める省エネ性能★★★★(省エネルギー基準達成率114%以上121%未満)以上のエアコンへ交換する工事を随時実施しています。

省エネルギーエアコンへの交換
2014年9月より随時実施 矢印 累計 677 台実施済み

(2017年9月末日時点)

省エネ性能「★★(2stars)」と「★★★★(4stars)」との比較

  • 電気使用量 累計 年間 約 150,971 kwh低減見込み
  • 温室効果ガス(CO2)排出量 累計 年間 約 71 t-CO2低減見込み
* 経済産業省資源エネルギー庁公表資料等を基に、本資産運用会社にて試算
【節水機器(流量制御弁)の設置】

水道使用量の低減による資源の枯渇への対策を企図し、共用部の水栓に流量制御弁(節水機器)の設置工事を段階的に実施しています。

資源の枯渇への対策
2015年3月より段階的に実施 矢印 累計 168 ヶ所実施済み

(2017年9月末日時点)

  • 水圧等の使用感を損なわず、節水にもつながる流量制御弁を設置することにより、1流量制御弁あたり約 30 %程度の節水効果が見込まれます。
* 交換工事実施業者提案資料を基に、本資産運用会社にて試算

上記の他、専有部において、従来型と比較し約20%~30%節水効果が見込まれる浴室水栓・シャワーヘッド及びキッチンの水栓等の節水機器への交換工事を適宜実施しています。

【災害救援自動販売機の設置】

災害発生時において入居者が安全・安心に暮らすことができる設備の導入及び保有物件の存する地域への貢献を企図し、災害救援自動販売機の設置を随時実施しています。

資源の枯渇への対策
2015年9月より随時実施 矢印 累計 13 ヶ所設置済み

(2017年9月末日時点)

  • 通常は普通の自動販売機として飲料の販売をする一方、災害などの緊急時に飲料を誰でも簡単に無料で取り出すことが可能な自動販売機を設置
【再生エネルギー(太陽光発電)の活用】

省エネルギー及び防災を企図し、太陽光発電パネルによる共用部の電力供給や非常用発電設備による災害発生時の電力供給等が可能な環境配慮型住宅の運用を行っています。

■ 太陽光発電パネル設置物件(全3物件)

プライムメゾン御殿山イースト

プライムメゾン御殿山イースト
プライムメゾン御殿山イースト

■ 非常用発電設備設置物件(全16物件)

プライムメゾン品川

プライムメゾン品川

エスティメゾン大島

エスティメゾン大島

神戸女子学生会館

神戸女子学生会館
【テナント満足度調査の実施】

リーシングの改善・安定稼働のみならず、入居者とのコミュニケーション及び信頼関係構築を企図し、適宜、ご意見・ご要望を伺うテナント満足度調査を実施しています。
調査結果については、プロパティ・マネジメント会社や建物管理会社等と共有し、サービス向上につなげています。

【本資産運用会社における従業員研修等の実施】

本資産運用会社においては、従業員に対し、ガバナンスに関する理解、職場環境の改善や防災対策を企図し、定期的にコンプライアンス研修、ヒューマンリレーション研修、防災訓練等を実施しています。
また、職場環境改善による従業員満足度向上を企図し、定期的に従業員の要望等を話し合う職場懇談会を実施しています。

【その他の取組み】

環境や地域への配慮を企図し、入居者が安全・安心に暮らすことができる設備等を順次または一部の物件に適宜、設置・導入しています。

エレベーター用防災キャビネットの設置

エレベーター用防災キャビネットの設置

入居者へ防災備蓄用品の配布

入居者へ防災備蓄用品の配布

防災トイレの備蓄

防災トイレの備蓄

AED(自動体外式除細動器)の設置

AED(自動体外式除細動器)の設置

電気自動車用充電器の設置

電気自動車用充電器の設置

デジタルサイネージの設置

デジタルサイネージの設置

保有不動産におけるエネルギー使用量・CO2排出量・水使用量の推移

上記「CSR・環境活動の取組み実例」に掲載する活動等、環境負荷軽減に向けた様々な取組みを推進するとともに、本投資法人の保有する物件のエネルギー使用量・CO2排出量・水使用量の把握に努めています。

本投資法人のポートフォリオ全体における直近3ヵ年度の実績は、以下のとおりです。

【住 居】

2014年度 2015年度 2016年度
対象物件数 94物件 100物件 107物件
エネルギー電気使用量(MWh) 5,094 6,345 7,113
CO2排出量(GHG排出量)(t-CO2 1,732 2,157 2,418
水使用量(m3 81,956 84,285 91,674

【その他信託不動産(商業施設)】

2014年度 2015年度 2016年度
対象物件数 5物件 2物件 2物件
エネルギー電気使用量(MWh) 2,561 174 52
CO2排出量(GHG排出量)(t-CO2 870 59 17
水使用量(m3)* 20,197 12,525 13,644
*
本投資法人が保有する物件のうち、数値を把握できた物件の実績を記載
*
その他信託不動産(商業施設)のうち、「浜松プラザ」は、水使用量のみ加算
*
「CO2排出量(GHG排出量)」は、自主参加型国内排出量取引制度のモニタリング・ガイドラインに基づき、本資産運用会社にて試算

外部評価機関による環境認証等の取得実例

本資産運用会社は、環境に関する基本方針及びサステナブル・ポリシーに基づき、本投資法人の保有物件において様々な環境活動に関する取組みを実施するとともに、以下の外部評価機関による環境認証及び評価を取得し、今後の環境活動に活用しています。

【グローバル不動産サステナビリティ・ベンチマーク(GRESB)】

本投資法人は、「グローバル不動産サステナビリティ・ベンチマーク(GRESB)」の不動産事業者に対するサステナビリティ対応調査に継続的に参加し、2017年に実施されたGRESBリアルエステイト評価において高評価の「Green Star」を取得するとともに、「GRESBレーティング」において「4スター」を取得し、アジアの住宅セクターにおいて3年連続で「Sector Leader(1位)」に選出されました。さらに、2017年度より導入された「GRESB開示評価」において、グローバルの平均レベルである「C」を取得しています。

GRESB Green Star 2015 GRESB Sector Leader 2015
【2017年度評価ポイント】

本投資法人は、当該評価において、以下の取組みが評価されたものと分析しています。

  • サステナビリティに関する方針の制定とマネジメント
  • 省エネルギー対策等、環境負荷軽減策への積極的な取組み
  • テナントを初めとするステークホルダーとの関係構築のための取組み
  • ポートフォリオの資源効率向上を企図したモニタリングの実施及び継続したビルディング認証の取得
*
当該評価の結果については、本投資法人が公表したプレスリリース「GRESBリアルエステイト評価等の結果に関するお知らせ(アジア住宅セクターにおける「Sector Leader」へ3年連続で選出)」をご参照下さい。
http://www.shi-reit.co.jp/site/file/tmp-vNsBz.pdf

GRESB及び当該評価の概要

GRESBは、責任投資原則(PRI)を主導した欧州の主要年金基金グループが中心となり、環境・社会・ガバナンス(ESG)への配慮を不動産投資運用にも適用することで株主価値を高めることを目的として2009年に創設されたベンチマークであり、2017年9月現在、66社の有力な機関投資家が投資先の選定や投資先との対話にGRESBを活用する投資家メンバーとして加盟し、その運用受託資産額は総額で約1,870兆円(約17兆米ドル(1米ドル110円で換算))にも上るとされています。
なお、当該評価は個々の不動産を対象としたものではなく、不動産会社やファンドレベルでのサステナビリティへの取組みを評価するものです。2017年に実施された当該評価には世界で850の不動産会社・ファンドが参加し、日本市場からの参加者数は53となっています。
また、GRESBリアルエステイト評価は、ESGへの配慮に関する「マネジメントと方針」及び実際の取組みに関する「実行と計測」を軸に評価されるとともに、総合スコアのグローバル順位による相対評価である「GRESBレーティング」(5段階で表現され、最上位は「5スター」)により、各参加者のESG実践レベルをより明確に把握できるようになっています。さらに、2017年度より「GRESB開示評価」が導入され、FTSE EPRA/NAREIT Developed Indexの構成銘柄全てを含む450以上の上場不動産等を対象としたESGに関する情報の開示評価(A~Eの5段階評価)も行われています。

【DBJ Green Building認証】

本投資法人は、2015年1月に運用が開始されたDBJ Green Building認証レジデンス版の第一号案件として、本投資法人が保有する“プライムメゾン品川”及び“プライムメゾン御殿山イースト”について当該認証を取得して以降、2017年9月末日現在において、以下の物件について当該認証を取得しています。

DBJ Green Building 認証取得物件

(2017年9月末日現在)

*
各物件写真をクリックしますと、本投資法人が公表した当該認証取得に関するプレスリリースが開きます。

DBJ Green Building認証制度の概要

DBJ Green Building認証制度は、ビルの環境性能に加えて、防犯や防災及び不動産を取り巻く様々なステークホルダーからの社会的要請に配慮した不動産(“Green Building”)の普及促進を目的に、株式会社日本政策投資銀行(DBJ)が独自に開発したスコアリングモデルにより評点化を行い、その上で時代の要請に応える優れた不動産を選定するものとされています。

国内トップクラスの
卓越した
「環境・社会への配慮」
がなされたビル
極めて優れた
「環境・社会への配慮」
がなされたビル
非常に優れた
「環境・社会への配慮」
がなされたビル
優れた
「環境・社会への配慮」
がなされたビル
十分な
「環境・社会への配慮」
がなされたビル
5つ星 4つ星 3つ星 2つ星 1つ星
5つ星 / five stars 4つ星 / four stars 3つ星 / three stars 2つ星 / two stars 1つ星 / one star

* DBJ Green Building認証制度の詳細については、こちら(http://igb.jp/index.html )をご参照下さい。

ページの先頭に戻る